Amazon プライムデー 2022年も開催!(7/12,13) 先行キャンペーン続々登場!

ESP32 入門 Lesson 03 【Wi-Fiアクセスポイントへの接続】

esp32-lesson03-00ESP32入門編
スポンサーリンク

ESP32 入門
Lesson 03
【Wi-Fiアクセスポイントへの接続】

こんにちは管理人のomoroyaです。

 

Lesson 02にて、「ESP32-DevKitC-V4」の動作確認をLチカにて行いました。

手持ちの「ESP32-DevKitC」が問題ない製品で良かった・・・。

ESP32の真骨頂はWi-Fi、Bluetoothに接続できること!

Lesson 03ではさっそくWi-Fiアクセスポイントに接続してみます!

 

ESP32入門編にて使用しているものは「ESP-WROOM-32D」です。

マイコンは「Espressif」ですが、ボードはいろいろなベンダーから発売されています。

値段も色々。

 

純正品の本体単品がほしい方はこちらとなります。

 

スポンサーリンク

はじめに

本LessonではWi-Fiのアクセスポイントに接続して、「ESP32-DevKitC」に割り当てられたIPアドレスを取得してみます。

 

Lesson 03 目標

本Lessonの目標は以下です。

1.ESP32-DevKitCをWi-Fiのアクセスポイントに接続する
2.割り当てられたIPアドレスを取得する

今回は、Wi-Fiのアクセスポイントへ接続してIPアドレスを取得するのみのため電子部品は使用しません。

使用するのはESP32-DevKitC」のみとなります。

 

準備

ではLessonの準備に取り掛かりましょう。

  1. Wi-Fiのアクセスポイントへの接続
  2. IPアドレスの取得

についてスケッチ(コード)を描いていきます。

 

必要なもの

 

本LessonではESP32-DevKitC」のみの使用です。

Jumper wire、抵抗は今後も頻繁に利用します。

Jumper wireはできれば、「オス-メス オス-オス メス –メス」の3種類を揃えておくことをお勧めします。

短めが使いやすい場合も。

 

抵抗も単品で揃えるよりはセットをおすすめします。

 

抵抗、LEDなどを個別でセット品を購入しても、そんなに使わない!

という方は、「電子工作基本部品セット」が使い勝手が良い。

 

使用部品説明

本LessonではESP32-DevKitC」のみの使用です。

esp32-lesson01-01

 

実践 回路作成とコード作成

最初に回路図を確認してください。

最後にコード(スケッチ)を書いて、Wi-Fiのアクセスポイントへ接続しましょう!

 

ESP32-DevKitC-V4」のピン配置を確認したい方は下記を参照してください。

ESP32 入門 Lesson 01 【外観とピン配置】

 

回路図

本LessonではESP32搭載のモジュールのみ使用します。

  • なし

 

モジュールのみのため、回路図は省略。

省略

 

モジュールのみのためブレッドボード図は省略。

省略

 

回路図は「fritzing」を利用しています。

「fritzing」の使い方は下記を参照してください。

 

接続

下図に示すように、用意した部品を使用して接続しましょう。

ESP32搭載のモジュールのみです!

esp32-lesson02-12

 

コードの書き込み

接続が終わったら、USBケーブルを使用してESP32へプログラムを書き込んで行きましょう。

コードを書き終えたら、いつでも利用できるように「ファイル」⇒「名前を付けて保存」で保存しておきましょう。

 

コマンド説明

本Lessonにて使用するコマンドを説明します。

コマンド説明
WiFiServer server(80)WiFiServerクラスのコンストラクト
WiFiServer型の変数serverを定義
左の場合は、ポート番号80で設定
WiFi.begin(ESID, PASSWD)Wi-Fiのアクセスポイントへ接続
ESSID:接続するSSID
PASSWD:接続するためのパスワード
WiFi.status()接続状態の確認
接続時の戻り値:WL_CONNECTED
WiFi.localIP()割り当てられたIPアドレスの取得

 

サンプルコード

Wi-Fiのアクセスポイントへ接続とIPアドレス取得のサンプルスケッチです。

Wi-Fiのアクセスポイントへ接続するために「Wi-Fiライブラリ」を使用します。

#include <WiFi.h>;

アクセスポイント接続について。

■ESSID、PASSWD
使用するWi-Fiのアクセスポイントのものに書き換えてください。
WiFi.begin(“ESSID“, “PASSWD“);
//ESP32 Lesson 03 Wi-Fiのアクセスポイントへ接続
//https://omoroya.com/

#include <WiFi.h>;

WiFiServer server(80);

void setup() {
  Serial.begin(115200);                   //シリアル通信のデータ転送レートを115200bpsで指定
  WiFi.begin("ESSID", "PASSWD");          //アクセスポイント接続のためのIDとパスワードの設定
  while (WiFi.status() != WL_CONNECTED) { //接続状態の確認
    Serial.print(".");                    //接続しなかったらシリアルモニタに「.」と表示
    delay(300);                           //接続していなければ0.3秒待つ
  }
  Serial.println("");                     //シリアルモニタ改行
  Serial.println("WiFi Connected");       //接続したらシリアルモニタに「WiFi Connected」と表示
  Serial.print("IP Address : ");          //シリアルモニタに表示
  Serial.println(WiFi.localIP());         //割り当てられたIPアドレスをシリアルモニタに表示
}

void loop() {
}

 

動作確認

では、さっそく動作を確認していきます。

こちらがシリアルモニタの結果。

アクセスポイントへ接続でき、IPアドレスが取得できています。

結構すんなりとWi-Fiのアクセスポイントへ接続できました。

esp32-lesson03-01

 

ESP32へスケッチ(プログラム)を書き込めない場合

  1. Bootボタンを押したままにする
  2. Bootボタンを押したままの状態で、ENボタンを一度押す
  3. Bootボタンを押したままの状態で、Arduino  IDEの書き込みボタンをクリック
  4. Arduino  IDEの画面に「Connecting…」と表示されたらBootボタンから手を離す

上記の順番で手動にて書き込むことが可能です。

 

まとめ

本Lessonは、以下を目標としました。

1.ESP32-DevKitCをWi-Fiのアクセスポイントに接続する
2.割り当てられたIPアドレスを取得する

 

ESP32-DevKitC」をWi-Fiのアクセスポイントへ接続することができました。

これで、ESP32-DevKitC」を使ってネットワーク経由でデータのやり取りをする準備ができました。

疑問点、質問などありましたら気軽にコメントください。

 

次回、Lesson 04は【Webブラウザへの文字表示】です。

Wi-Fi経由で何かをするための第1歩です。

ESP32 入門 Lesson 04 【Webブラウザへの文字表示】
Lesson 03にて、「ESP32-DevKitC-V4」のWi-Fiアクセスポイントへの接続を行いました。Wi-Fiに接続できたのなら、Wi-Fi経由で何かさせたい!と思いますよね・・・。しかし、ここから敷居が急に高くなります。Wi-F…

 

ESP32入門編にて使用しているものは「ESP-WROOM-32D」です。

マイコンは「Espressif」ですが、ボードはいろいろなベンダーから発売されています。

値段も色々。

 

純正品の本体単品がほしい方はこちらとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました