Arduinoと戯れてみる!
Amazon タイムセール祭り実施中!

~9/21(月)23:59

Amazon

Switch版 Hollow 【セールだったので購入レビュー】

switch-hollow-00Game
スポンサーリンク
Switch版
Hollow
【セールだったので購入レビュー】

こんにちは管理人のomoroyaです。

 

スイッチのインディーゲームを紹介するシリーズ。

価格は2000円以下で買えること」というのが私の中の決まり。

今回は、セールで95% OFFだったので「Hollw(ホロウ)」のご紹介。

2000円 → 100円です。
※セール期間:~2020年9月15日 23:59

 

100円だったので貯まっていたゴールドポイントで購入。

実質0円ですね。

安かったため、内容ほぼ確認せずオンラインストアの紹介文だけで購入!

100円なのでOKです。

宇宙船で展開される記憶をなくした男の孤独な戦い。
恐怖と謎が交差する、SFホラーアクションゲーム。

Switch版は2018年12月6日に配信された作品となります。

 

人型のモンスターが走り回り、突如襲いかかってくる。

そんな宇宙船内を探索するゲーム。

SFホラーアクションゲームだけあって、まあまあグロテスクです。

管理人、ホーラー系はほぼやったことないんですが夏だしと思い・・・。

夏にはちょうど良いゲームかな・・・。

死んだら終了というのは、いつもの管理人好みのゲームです。

 

任天堂公式サイト「Hollow」9月15日(23:59)までセール中!

 

今回のセールで購入できなかったかた、あきらめないでください。

定期的にセールが行われています!

Switchの「ほしいものリスト」に登録しておきましょう!

 

スポンサーリンク

Hollow ゲームあらずじなど

ジャンルは「アクション / アドベンチャー / シューティング」で登録されています。

ちなみに「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は「アクション/アドベンチャー」。

SKYRIM」は「ロールプレイング」。

 

管理人、任天堂のジャンル分けがイマイチ疑問です。

誰が決めてるんでしょう?ソフトの販売元でしょうか・・・。

 

Hollow(ホロウ)」紹介文にあるのは、「SFホラーアクションゲーム」。

 

さっそく、ゲームのあらすじをご紹介。

プレイヤーは資源採掘用の宇宙船「シャクター・ワン」の乗組員。

ある朝、宇宙船の近くを漂流する緊急カプセルの中で目覚めます。

といったところからゲームが始まります。

しかし、自分自身が誰であり、どうやってここに来たのかも思い出せません。

唯一の記憶はオートパイロット用のドッキングコードだけ。

 

弾薬やヘルスパックを入手しながら船内を探索していくことになります。

船内に残されたメモたよりに、端末を探し、パズルのような仕掛けがある発電機を同期させる。

物語の重要な鍵を握る謎の女性とのコンタクト。

数々の情報をつなぎ合わせ、宇宙船に起きた出来事の真相を解き明かしていく・・・。

というのがおおまかなストリー。

 

本作の魅力となる要素は下記2つ。

  • 謎解きゲームという要素
  • ホラーアクション要素
    グロテスクな人型のクリーチャーたちが走り回り、突如襲いかかってきます・・・。

謎を解明し、クリーチャーとも戦う。

謎と恐怖が交差するのが本作品の魅力といったところでしょうか。

注意
ちょい、グロテスクのため苦手な人には向きません!

 

項目内容
必要な容量2.2G
プレイ人数× 1
対応コントローラーNintendo Switch Proコントローラー
メーカーForever Entertainment
ジャンルアクション / アドベンチャー / シューティング
配信日2018年12月6日
対応言語日本語
レーティングCERO D

 

Hollow 詳細内容

まず、やり始めて気づくこと。

いつものことですが・・・。

この手のダウンロードゲーム説明がありません

操作方法は?

敵はどうやって倒すの?

回復は?

などなど・・・

で何がおきるかというと、わけもわからずクリーチャーにやられでゲームオーバーです。

 

ちょこっとだけ、あるにはるんです。

説明が・・・

しかし???になること間違いなし。

そこは、やりながら理解しましょうということですね。

ダウンロードソフトにはよくあります。

難易度は選べます。

最初はノーマルが良いでしょう。

 

船内には武器回復アイテム、船員が残したメモ、操作できる端末があります。

また、船内の電気を供給している発電機もあります。

この発電機、ちょっとしたパズルになっています。

 

他にもロックされたドア

発電機を起動しないと進めないドア

ロックナンバーを入力しないと使えない乗り物。

地味に色々な謎解きがあります。

しかも、この謎解き明確なヒントがあるわけではなく推理も必要

そこが、ゲームを引き立てる要素の1つにもなっています。

 

本作をプレイするうえで重要なことがあります。

ヘッドフォンの使用を推奨します

と始める前にでます。

 

なんのことかなと思いますが、これ重要!

本作、機械音、ノイズ、人の声・・・

そして、クリーチャーの声

このクリーチャーの声を聞き逃さないことが、とても重要となります。

突然現れるクリーチャー。

背後から現れる場合もあり、音無くしてはすぐにゲームオーバーとなってしまします。

 

ただ、クリーチャーのうめき声かなり気持ち悪いです。

この声を聴くと動揺してしまうんです。

これが操作ミスにつながりゲームオーバーということも。

暗闇の中を探索中に突然クリーチャーの声が・・・

はっきりいって、不気味です・・・。

注意
何度も言いますが、ちょいグロテスクのため苦手な人には向きません!

 

攻撃は基本、銃なんですが。

接近戦では、けりも重要だったりします。

覚えておいてください。

あと、進むためにはボンベも重要。

ボンベは銃で撃つ抜くことで爆発します。

 

Hollow 最大の特徴

このゲームの最大の特長は2つ。

1.自分人身は何者なのか?という謎解き要素
2.ホーラーアクションの要素

この謎解きとSFホラーアクションがうまくからみあって、恐怖を倍増させてくれます。

 

また、やられたゲームオーバーというシステム。

理不尽なゲームが大好きな管理人。

こんなシステム大好きです。

いつも書いていますが、このシステムの良いところがあるんです。

最後まで緊張感が保て、ダレルことが少ないということ。

この辺に関しては、好みが分かれるため「おもしろい」と「つまらない」で意見が割れるところ。

 

以前に紹介したこちらも、リアルタイムで最後まで緊張感がたもてるインディーゲームです。

 

Hollow 難点

このゲーム、いくつか難点があります。

基本、暗闇を探索するので視認性はあまりよくありません。

そのため、アイテムなどが見つけづらい場合も。

 

また、マップが見ずらい・・・。

ちなみに、管理人はマップなしでOKでしたが。

 

操作性に関しては意見がわかれるかなと思います。

管理人は気にならりませんでした。

 

理不尽なゲームが大好きな管理人にとっては、視認性が悪いとかマップが見づらいとか・・・

まったくもってOKです。

 

むしろその方が現実味があって面白いです。

そもそも、記憶をなくして船内を探索している時点で迷子になってしかるべきですし・・・

次行くところはどこだ?って悩むというのも当たり前

暗い船内を探索するのだから見えづらくて当然

と考えてしまう管理人。

 

それらが、分かり易かったらつまんないと思うんでけどね・・・。

 

まとめ

管理人、やっぱり最後まで緊張感が保てるゲームが大好きです。

そして、やり直しができないシステムが結構好き。
※Hollowはセーブポイントからやり直し可能です。

 

セールを狙えば500円以下で500円以上の作品が楽しめます。

100円でこのボリュームのゲームが楽しめるってすごいですよね・・・。

これからも、値段以上の作品を見つけたら即購入。

紹介していきます!

紹介動画がこちら。

 

購入

任天堂ストアでのセールを狙いましょう。

セール中のダウンロードソフトを確認。

 

任天堂公式サイト「Hollow(ホロウ)」9月15日(23:59)までセール中!

今回のセールで購入できなかったかた・・・

あきらめないでください。

定期的にセールが行われています!

Switchの「ほしいものリスト」に登録しておきましょう!

 

スポンサーリンク
Game
スポンサーリンク
omoroyaをフォローする
おもろ家

コメント

タイトルとURLをコピーしました