Arduinoと戯れてみる!

Switch版 Bad North 【セールだったので購入レビュー】

bad-north-00Game
スポンサーリンク
Switch版
Bad North
【セールだったので購入レビュー】

こんにちは管理人のomoroyaです。

 

スイッチのインディーゲームを紹介するシリーズ。

「価格は2000円以下で買えること。」というのが私の中の決まり。

今回は、セールで50% OFFだったので「Bad North」のご紹介。

1690円 → 845円です。

 

前から、やってみたいな~と考えていて、セール待ちしていたソフト。

ローグライクのRTS」との紹介に目を引かれ・・・

ちなみに2018年に公開されたゲームです。

 

小島に押し寄せてくるバイキングを撃退するだけのゲームなのですが、シンプルな割には難易度が高く、リアルタイムで進むため緊迫感もありで・・・

なかなか管理人好みのゲームです。

死んだら終了というところも好み。

 

お気に入りに登録済みで、セールの連絡がきていたのでポチッと購入。

50%オフでしたので、迷わずポチッとしました。

 

任天堂公式サイト「Bad North」8月3日(23:59)までセール中です!

もすぐ終了!

 

今回のセールで購入できなかったかた、あきらめないでください。

定期的にセールが行われています!

Switchの「ほしいものリスト」に登録しておきましょう!

 

スポンサーリンク

ゲームあらずじなど

ジャンルは「ストラテジー / アクション / アドベンチャー」で登録されています。

管理人、ストラテジーが大好きです。

紹介文にあるのは、「リアルタイム戦力シミュ―レーション」。

 

さっそく、ゲームのあらすじをご紹介。

戦いの舞台は、いくつかの建物(僧院)がある小島。

その小島に、船に乗ったバイキングがやってくる。

バイキングは建物(僧院)に火をつけて燃やそうとする。

建物(僧院)を守りつつ撃退して島を守る。

という、いたってシンプルな内容。

 

味方部隊は、始めは「民兵」のみで弱い。

戦いで得られるコインを使ってアップグレード!

民兵を強化できます。

強化できる部隊は3つ。

  • 歩兵(楯を持っており弓を防げる)
  • 弓兵(遠距離攻撃に強いが、近距離の戦いはほぼできない)
  • 槍兵(待ち伏せして槍で攻撃は強いが、移動中の攻撃はできない)

敵である、バイキング側にも「歩兵」「弓兵」がいます。

弓兵は歩兵で攻撃。

楯を持った歩兵は槍兵で攻撃。

などなど、部隊の特長を活かせば簡単にやっつけられます。

ちなみに上記以外にも強力キャラが・・・難敵です!

 

また、バイキング側の数が圧倒的でありリアルタイムのため少しのミスも命取りになります。

重要なのは、効果的な兵科で、有利な場所で戦うこと。

例えば、槍兵の待ち伏せ場所が重要だったり・・・。

項目内容
必要な容量450MB
プレイ人数× 1
対応コントローラーNintendo Switch Proコントローラー
メーカーRaw Fury
ジャンルストラテジー / アクション / アドベンチャー
配信日2018年8月20日
対応言語日本語, 英語, スペイン語, フランス語, ドイツ語, イタリア語, ポルトガル語, ロシア語, 韓国語, 中国語 (簡体字), 中国語 (繁体字)
レーティングCERO C

 

詳細内容

まず、やり始めて気づくこと。

結構、難しい・・・

管理人はノーマルモードですが、始めはイージーモードが良いかも。

 

建物を守ることでコインを得られる。

ただし、諦めも重要で場所を考え1つの建物を守ることだけに集中するという選択も必要。
※一つだけでも残ればOKです。

 

また、部隊の弱点をしっかりと把握すること。

  • 弓兵・・・接近ではやられてしまう
  • 槍兵・・・槍を構えていない状態、乱戦ではやられてしまう
  • 歩兵・・・マルチに戦えるが圧倒的に敵が多いので徐々にやられてしまう

一応、やられたとしても回復可能。

人数が減った部隊を建物(僧院)へ入れて休憩させる。

しかし、時間がかかり、使いどころが難しい。

その間、部隊が減ってしまうというのも困りものです・・・。

 

部隊が全滅してしまうと、部隊の隊長は死亡となります。

隊長が死亡した部隊は次の戦いでは使うことはできない。

特殊なアイテムがあれば復活できますが、そのアイテムはなかなか手に入りません。

重要なことは、部隊を全滅させないこと!

ちなみに、バイキングが乗ってきた船で退却することもできます。

また、島を放棄することも可能。

ただし、退却も一筋縄ではいかないため可能限り建物(僧院)一つだけでも守るのがベストです。

 

そして、攻めてきたバイキングを全滅させればステージクリアとなります。

燃やされなかった建物(僧院)の数に応じてコインを入手できます。

ステージクリア後は、全体マップに戻り入手したコインで兵士のグレードアップ、次ステージの選択が可能です。

 

説明がないので、わかりずらいのですが・・・

このゲーム撤退戦です!

島を巡ってコインを稼ぐのですが後方からは敵の勢力が迫ってきます。

これに飲み込まれるとゲームオーバーとなります。

これ、最初わかりません・・・!

要するに下記の流れとなります。
1.敵の勢力に追われながら、島々を巡ってコイン集め
2.兵士をグレードアップ
3.島を巡って戦いながら、最終目的地へ向かう

 

ゲームの特長を列挙していきます。

  • ワールドマップ、ステージマップともにランダム生成
  • 戦闘はリアルタイムのため止まらない
  • 兵士を選択しているときは、時間がスローになる
  • 島は360度自由に回転することが可能
  • バイキングが四方八方からやってくる
  • バイキングは建物(僧院)を燃やす
  • 残った建物(僧院)がコインの数となる
  • 建物では休憩をして兵員を回復可能
  • 始めは、特徴のない民兵
  • 歩兵、弓兵、槍兵にはそれぞれ特徴あり
  • 弓兵、遠距離攻撃が得意、近距離戦闘ではやられてしまう
  • 槍兵は待ち伏せした場合かなり強力、ただし乱戦になるとほぼ無能
  • 歩兵はマルチになんでもこなせる
  • 仲間が増えれば最大4部隊まで出撃可能
  • 部隊が全滅すると隊長は死亡扱いで部隊は使えなくなる
  • 軍旗がある島では新しい舞台を仲間にすることが可能
  • アイテムが入手可能な島もあり
  • アイテムは兵士の回復速度アップ、爆弾、地雷など多々あり
  • アイテムで死亡した隊長は復活できるが、アイテムはなかなかでない

全滅したら、ゲームオーバー!

まったくもって管理人好みなゲームです。

 

  • 大事なことは、部隊を全滅させたないこと
  • 限られたコインを無駄なスキルに使わないこと
  • 守れない建物(僧院)は、初めから諦めて守らない

管理人が考える一番のポイントは、槍兵の使い方と考えます。

 

最大の特徴

このゲームの最大の特長は2つ。

1.リアルタイムでゲームが進行すること
2.全滅したらゲームオーバー

どちらの要素も管理人が大好きな要素です。

 

理不尽なゲームが大好きな管理人。

こんなシステム大好きです。

最後まで緊張感が保て、ダレルことが少ないシステムなんです。

この辺に関しては、好みが分かれるため「おもしろい」と「つまらない」で意見が割れるところ。

以前に紹介したこちらも、リアルタイムで最後まで緊張感がたもてるインディーゲームです。

 

まとめ

管理人、やっぱり最後まで緊張感が保てるゲームが大好きです。

そして、やり直しができないシステムが結構好き。
※Bad Northは中継ポイントからやり直し可能です。

 

なんといっても、リアルタイムで進むゲームが大好きです。

管理人が大好きなRTS(リアルタイムストラテジー)系のゲーム。

これからも見つけたら購入。

紹介していきます!

紹介動画がこちら。

 

購入

任天堂ストアでのセールを狙いましょう。

セール中のダウンロードソフトを確認。

 

任天堂公式サイト「Bad North」8月3日(23:59)までセール中!

今回のセールで購入できなかったかた、あきらめないでください。

定期的にセールが行われています!

Switchの「ほしいものリスト」に登録しておきましょう!

 

スポンサーリンク
Game
スポンサーリンク
omoroyaをフォローする
おもろ家

コメント

タイトルとURLをコピーしました