Arduinoと戯れてみる!

Switch版 Vaporum(ベーポールム) 【セールだったので購入レビュー】

switch-vaporum-00Game
スポンサーリンク
Switch版
Vaporum(ベーポールム)
【セールだったので購入レビュー】

こんにちは管理人のomoroyaです。

 

スイッチのインディーゲームを紹介するシリーズ。

価格は2000円以下で買えること」というのが私の中の決まり。

今回は、セールで60% OFFだった「Vaporum(ベーポールム)」のご紹介。

2480円(税込み) → 992円です。
※セール期間:終了

 

いつものことですが、ぼぼセールでしか購入しない管理人・・・。

たま~にセールを確認。

おっ50%以上の割引で好みのゲーム発見!

思わずポッチッと押してしまいます。

といっても、元値で買ったことがほぼありません。

セールで50%以上割引でなおかつ1000円以下が狙い目。

 

スポンサーリンク

はじめに

Vaporum(ベーポールム)」はスロバキア生まれのスチームパンクRPGです。

むかしなつかしの、ダンジョンマスターライクなリアルタイム探索RPGのジャンル。

ダンジョンマスター」が大好きだった管理人。

リアルタイム系の探索RPGが大好きです。

いまだに、「ダンジョンマスター」を超えるものにであっていません。

 

2017年6月にSteamでリリース。

その後、海外で展開されSwitchのパッケージ版は海外のみで発売。

日本では、Nintendo SwitchのDL専用ゲームとして発売されています。

  • 発売日:2019年5月16日(日本)
  • 値段 :2480円(税込み)
  • ジャンル:リアルタイムの3DダンジョンRPG

 

補足
続編となる、「Vaporum:Lockdown」が2021年3月22日に発売
Vaporum」の過去に迫る内容となっています。

管理人はセールになったら買います!

 

ゲームあらずじなど

フレコミ
スチームパンクなオリジナルの世界を濃厚に描いた1人用ダンジョン探索RPG

 

ある島に漂着した記憶を失った一人の男が、巨大な機械仕掛けの塔に導かれるよう中に入り、なぜか見覚えのある景色・・・・。

という感じで始まります。

 

塔の中を探索し、「外骨格機装」と呼ばれる機械仕掛けの骨格にガジェット(武器、防具、XX)を装備。

強化した「外骨格機装」を頼りに塔の最上階を目指す。

記憶を取り戻し、謎を解明することが目的となります。

内容はシンプル。

 

インディーズゲームとしては良く出来ていると思います。

簡単に言うと、ダンジョンマスターを簡略化したゲームといった感じ。

ただし、リアルタイムといっても、ダンジョンマスターほど出来る事が少ない。

例えば、食料などの概念はないし、休息等もない。

罠が沢山あるが敵はダメージ受けず。

など、ダンジョンマスターの簡易版的なゲーム。

昔ながらのレトロなダンジョンRPGを、手軽に楽しむには良いゲーム。

 

詳細内容

はじめに、4つある「外骨格機装」から1つ選んで進んでいくことになります。

ゲームのなかでは3つから選べと出るのですが4つです・・・。

選んだら、あとは変更不可です!

攻撃特化型、防御特化型、魔法特化型、といったイメージです。

 

塔の中は、機械仕掛けのモンスター、トラップなどさまざまな危険が待ち受けております。

リアルタイムだけあって、油断していると即死・・・。

塔内も薄暗く、よく観察しないとボタンや隠し部屋など見つけられず。

リアルタイムに慣れていないと、困難を伴うゲームです。

 

また、モンスターの特長や弱点にあわせて最適な武器を装備する必要があります。

リアルタイム戦闘というシステムに慣れていないとつらい。
※「ストップタイムモード」という救済仕様あり。

ただし、ダンマス好きには普通です。

管理人は、ダンマスが大好きなので、操作など手間とは感じません。

ただし、リアルタイムが初めての人は、はじめは手間取ること必然。

 

進めるうえでの注意点1
・敵の配置は固定なので、しっかりと全ての敵を倒すこと
・敵を倒さないと、レベルが上がらないまま進むことになるので気を付けたい
進めるうえでの注意点2
・回復アイテムの数が限られている
・レベルアップ時に全回復を利用
・ラスボスまでは回復アイテムをできるだけ温存

 

塔内は罠も巧妙でパズル要素や謎解き要素もあり楽しめる。

隠されたドアを見つけてアイテムを充実させていくあたり・・・

まさに、ダンジョンマスター(簡易版)。

 

慣れてしまえば、戦闘もそれほど難しくなく。

気をつけることは、二対一、三対一で戦うことを余儀なくされる場面。

ここがリアルタイムRPGの難しさ。

何も考えずに、進むと即死です。

 

簡単なダンジョンマスターだと思えば、なかなかいい感じのゲームです。

 

戦闘について

敵は序盤から周辺マス範囲攻撃や遠距離攻撃を使ってきます。

できる限り攻撃を喰らわないタイミングと立ち位置を選び動くこと。

そう、リアルタイム戦闘にあるあるの「ヒットアンドアウェイ」が鉄則。

また、できるだけ1体1に持ち込むこと。

しかし・・・

  • 扉を開けるスイッチを押す
  • 周囲のドアが全て閉まる(閉じ込められる)
  • 敵がわんさかでてきて、モンスターハウス状態

ということも多々ありのゲーム。

そこは、ガジェット(魔法のような位置づけのガジェットあり)で対処。

生き抜くためには、臨機応変な対応が必要。

マップを上から見たイメージで捉え、動き回ることが大事となります。

 

タイムストップモード

リアルタイム戦闘が苦手な方のために救済策があります。

ゲームの進行を止めて、じっくり考えることができるモードです。

こちらがボタン操作をするまで、止まっている状態となります。

 

ボタンを操作している間だけ動くというモード。

スローモーションで戦闘できるようなイメージでしょうか。

 

管理人は、あまり「タイムストップモード」を利用しませんでした。

このゲーム、モンスターの動きには一定の決まりがあります。

その決まりさえ見極めれば、リアルタイムで戦闘した方が倒しやすい!

というのが管理人の感想。

 

クイックセーブ

Vaporum(バーポールム)」。

塔を進んでいくと、即死する罠が多々あります。

敵に囲まれて身動き取れず・・・サンドバック状態。

まあ、慣れてないとすぐにゲームオーバーなんです。

 

そんな人のための救済策がが「クイックセーブ」。

どこでも、どんなときでもボタン1つ(ZLと+ボタン)でセーブ可能です。

ダメなら、セーブ時点からすぐにやり直す。

ようするに、「危なそう、なんかありそう」って思ったらセーブしろってことです。

これがあるおかげで、ゲームの難易度が格段に下がります。

つまらないと思う人は使わないという手もありますが・・・

 

注意
どこでもセーブできるというのは曲者で・・・
身動き取れない状態でセーブしてしまうと目もあてられません。
気をつけましょう!

 

 

最後に

あまりヒントが少ないゲームですが・・・

ダンジョンマスターが好きだった方には、割と簡単にできてしまうゲームです。

ダンジョンマスターと違い、空腹もなければ怪我もなし。

重量制限もなしで、ダンマスの簡易版です。

 

人によっては難易度が高く、やってられないかもしれません。

それでも、なんとかエンディングを見ていただきたい!!

かなりシュールです・・・。

さすが、インディーゲームといったエンディングが見れます。

管理人好みの大好きなゲームです。

できれば、食べ物もあった方が面白いんだが・・・

 

購入方法

安く購入するなら任天堂ストアでのセールを狙いましょう。

 

セール中のダウンロードソフトを確認。

任天堂公式サイト「Vaporum(ベーポールム)」。

今回のセールで購入できなかったかた・・・

あきらめないでください。

定期的にセールが行われています!

Switchの「ほしいものリスト」に登録しておきましょう!

スポンサーリンク
Game
スポンサーリンク
omoroyaをフォローする
おもろ家

コメント

タイトルとURLをコピーしました