Arduinoと戯れてみる!

おすすめ電子部品 【テストリード用アタッチメント】

attachment-test-lead-00電子部品・計測器
スポンサーリンク
おすすめ 電子部品
【テストリード用アタッチメント】

こんにちは、管理人のomoroyaです。

 

管理人が買ってよかったと考える電子部品のご紹介です。

Arduinoなど電子工作をして遊ぶ場合、電圧測ったり、抵抗測ったりとテスターが必須です。

管理人、普通のごついテスターも持っています。

しかし、手軽に測るには何気にごついのが邪魔だったりします。

そのため、電子工作をしているときのメインテスターはHIOKI(日置電機) 3244-60を使っています。

カードタイプの携帯できるテスターです。

 

しかし、カードタイプのテスターはテストリードを交換することができないものばかり。

そのため、そのままではリードをブレッドボードに挿すことができません。

写真に示すように、太いため挿すことができない・・・。

挿せると何かと楽なんです。

digital-multi-meter-01-04

 

そんなときに便利なのがアタッチメントのテストリード。

管理人、「ニードルタイプ」と「クリップタイプ」の2種類持っています。

手元に1つあると何かと便利です。

 

スポンサーリンク

はじめに

ところで、「テストリード」「テスタリード」言い方はどちらが正しいですか?

話は戻りまして・・・。

テストリードを交換できるテスターを持っている場合は、アタッチメントよりはテストリードのキット購入をおすすめします。

色々なテストリードが販売されていますの、テストリードのキッドをさがしてみましょう。

 

交換できないタイプのテスターの場合、アタッチメントのテストリードがあると便利です。

 

テストリード ニードルタイプ(極細)

こちらが「ニードルタイプ(極細)

attachment-test-lead-01

 

先端径がφ0.7mmと極細タイプ。

attachment-test-lead-02

 

仕様

  • 全長:205mm
  • 重量:5g(1個/キャップ含まず)
  • ニードル径:φ0.7mm
  • 許容電圧:300V
  • 許容電流:5A
  • 適用テストリード先端径:φ2mm

 

先端径がφ0.7mmと極細となっておりブレッドボードにサクッと挿せる。

使ってみるとブレッドボードに挿せることの便利さが分かります。

テストリードを持つ必要がないため作業がかなりしやすい。

attachment-test-lead-03

attachment-test-lead-04

 

テストリード クリップタイプ(小)

こちらが「クリップタイプ(小)

こちらのクリップタイプ。

大サイズもあります。

ただし、電子部品を扱うには大は邪魔です。

選ぶなら小を選択です。

attachment-test-lead-05

 

 

仕様

  • 全長:187mm
  • 重量:5g(1個)
  • 開口幅:4mm
  • 許容電圧:300V
  • 許容電流:5A
  • 適用テストリード先端径:φ2mm

 

電子部品をクリップしたいことも多々あります。

クリップタイプは一つあるだけでも色々と役に立ちます。

 

attachment-test-lead-06

 

attachment-test-lead-07

 

接続部(アタッチメント部)

テスタのリードとアタッチメントのテストリードとの接続部がこちら。

適用テストリード先端径がφ2mmとなっています。

自分が使っているテスタの先端径を確かめてから購入しましょう。

と言っても、一般的に使われているテスターに適合する径となっていてるため太すぎて挿せないということもないかと思います。

attachment-test-lead-08

 

まとめ

おすすめ電子部品 【テストリード用アタッチメント】はここまで。

アタッチメントは紹介したメーカー以外のものもあります。

値段、送料など確認して、選択してください。

 

ニードルタイプ」「クリップタイプ」どちらも手元にあると何かと役に立ちます。

ブレッドボードを使った電子回路の組み立て時の測定。

電子部品をクリップして測定したい。

などなど、手元に1つ置いておけば作業効率があがるアタッチメントです。

 

 

最後に

疑問点、質問などありましたら気軽にコメントください。

この電子部品の解説をしてほしい!などなどなんでもOKです。

リンク切れ、間違いなどあればコメントいただけると助かります。

 

Arduino入門編、番外編、お役立ち情報などなどサイトマップで記事一覧をぜひご確認ください。

 

Arduino入門編で使用しているUNOはAmazonにて購入可能です。

互換品とは言え、Arduinoはオープンソース。

複製して販売するのもライセンス的に問題なし。

 

そのため互換品の品質も悪くなく、それでいて値段は安いです。

正規品本体の値段程度で豊富な部品が多数ついています。

 

学習用、遊び用、お試し用には安価な互換品がおすすめです。

 

 

上記のものでも十分に多数の部品が入っていますが、最初からもっと多数の部品が入っているこちらもお勧めです。

 

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額に応じたポイントが付与されます。

最大2.5%!!!(Amazonプライム会員ならさらにお得)

チャージ額(一回分)一般プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
2,0000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

さらに、初回チャージで1000ポイントもらえるキャンペーンも実施中!

\Amazonギフト券 1000ポイントキャンペーン/
Amazonチャージ 初回購入で1000ポイントキャンペーン

 

補足情報
コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
購入は1円単位で可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました