Arduinoと戯れてみる!

安価 32G USBメモリ その2【比較レビュー】

usb-memory-2-00商品・サービス レビュー
スポンサーリンク
安価
32G USBメモリ
その2
【比較レビュー】

こんにちは管理人のomoroyaです。

 

以前、安価なUSBメモリを購入しレビューしました。

そこで、比較のために安価なUSBメモリをもう一本購入してみることに。

さっそく、購入しましたのでレビューしていきます!

 

比較対象品:安価USBメモリ
※公式HPに転送速度の記載がないもの

メーカ:Transcend vs シリコンパワー

 

以前、購入したTranscendのUSBメモリの詳細は下記を参照ください。

安価USBメモリでおすすめできる商品です。

 

購入したものは比較のために購入したいとしていた下記のものとなります。

 

購入コンセプトは比較のため下記としてあります。

  • 前回、購入したTranscendと同程度の値段
  • 速度こだわりなし
  • 保証期間が長め

 

なぜ、この2本を購入し比較するのか?

  • Amazonで売られている安価なUSBメモリとしてレビュー数が多い
  • 値段も同程度
  • 規格も同じ
  • どちらも、保証期間が長い

といった点から選択しています。

では、さっそくシリコンパワーのUSBメモリについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

USBの転送速度

購入したUSBメモリ(シリコンパワー)の規格はUSB3.1対応となります。

  • USB1.1:12Mbps
  • USB2.0:480Mbps
  • USB3.0:5Gbps
  • USB3.1:10Gbps
  • USB3.2:20Gbps

 

bpsの単位に関しては、TranscendのUSBメモリ購入時に説明しています。

興味のあるかたは参照してみてください。

 

上記転送速度は、PC側、USB側ともにUSB3.1に対応している場合です。

といっても、実際はフラッシュメモリの読み込み速度、書き込み速度によります。

あくまでも、規格上の理論値です。

購入したUSBメモリが何で遅いんだ~と思わないでください。

それが、購入したUSBメモリの性能です・・・。

 

実際の速度はと言えば、数十Mbyte/s~数百Mbyte/sといったところです。

 

製品概要

下記が購入したシリコンパワーのUSBメモリ。

以前購入したTranscendのものとの大きな違いは、端子部分の保護がキャップ式ということです。

 

usb-memory-2-01

 

usb-memory-2-02

 

製品仕様

  • USB 3.1 & USB 3.0の高速インターフェース
  • サイズ:60.6mm x 18mm x 8.1mm(キャップ付きのサイズ)
  • 重量:8.0g
  • 薄型ボディと軽量デザイン
  • ヘアライン仕上げのモダンなデザイン
  • 便利なストラップホール付き
  • 永久保証

保証が永久というところが耐久性に対するポイントです。

 

以下、TranscendのUSBメモリの記事でも記載していますが念のため再度補足します。

USBメモリは消耗品です。
データの自然消失などがあり、長期保存には適していませんのでお気を付けください。

 

とはいいつつ、ハードディスクはどうか?というと実は耐用年数が弱くこちらも長期保存には向きません。

まあ、要するに大切なデータは色んなところにバックアップを取っておきましょう!

というのが鉄則です。

自分でバックアップが面倒ならクラウド利用がおすすめ。

パソコンが壊れても、新しく買い替えても、データはクラウドにあるためとても便利です。

だいたい5G程度までなら、google、Amazonなどで無料で使用できます。

 

選んだ理由

今回は比較のために購入です。

冒頭で記載した通り下記となります。

  • Amazonで売られている安価なUSBメモリとしてレビュー数が多い
  • 値段も同程度
  • 規格も同じ
  • どちらも、保証期間が長い

 

商品の良い点

管理人が考える良かったポイント。

  1. 1000円以下で安価。

  2. 保証期間が永久保証。
    耐久性が担保できると考える点。
  3. ヘアライン仕上げのモダンなデザイン
    見た目の高級感があります。

 

商品の悪い点

キャップ式
スライド式に慣れると、キャップ式のキャップが邪魔です。
たまに、失くしてしまうこともあります。

とはいっても、気を付ければよいだけですが・・・。

 

以下補足です。

こちらのシリコンパワー製品もホームページに転送速度情報がありません。

前回も記載しましたが、転送速度表示に関しては、表示義務がありません。

そのため、ロッド単位での転送速度の違いもありえます。

 

Transcend vs シリコンパワー 比較

まずは、見た目を比較してみましょう。

見た目、サイズに関してはシリコンパワーに少しばかり軍配があがるといったこところです。

usb-memory-2-03

 

公式に記載されている内容の仕様比較(安価USBメモリ 32G)となります。

項目Transcendシリコンパワー
USB規格USB3.1対応USB3.1対応
サイズ63.6mm x 21.2mm x 10.6mm60.6mm x 18mm x 8.1mm
重量4.9g8.0g
保証5年永久保証
端子部分スライド式キャップ式
デザインヘアライン仕上げ
ソフトウェアダウンロード可ダウンロード可

※公式HPからデータは抜粋しています。

どちらも、転送速度は公式値がありません・・・。

安価USBメモリでは、よくあることです。

 

公式に記載されている内容は、ほぼ同等です。

あえて公式値のみで比較するとシリコンパワーに分がありそうです。

ただし、Transcendのスライド式を考えるとどちらもどちらといったころ。

続いて、重要な転送速度を比較しましょう。

 

Transcend vs シリコンパワー 転送速度比較

転送速度にこだわりなしとは言え、気になるところです。

転送速度はフリーソフトを利用して比較。

仕様ソフト:CrystalDiskMark(フリーソフト)

 

●比較方法

  1. USBメモリ フォーマット形式:FAT32
  2. CrystalDiskMark(フリーソフト)で比較

 

●比較結果

測定方法は、それぞれ5回測定の最大値取得の設定。

結果値は左側がRead、右側がWriteの値となります。

上2行がシーケンシャルアクセス。

下2行がランダムアクセスとなります。

  • シーケンシャルアクセス:連続した領域を読み込み、書き込みをすること
  • ランダムアクセス:ランダムな領域に読み込み、書き込みをすること

 

補足
USBメモリはもともと、ランダムアクセスが得意ではありません。
特に格安USBメモリではランダムアクセスの性能をケアしていないことが多いです。

 

Transcend測定結果

usb-memory-2-04

 

シリコンパワー測定結果

usb-memory-2-05

 

Transcend vs シリコンパワー 比較結果まとめ

以下に比較結果のまとめ表を示します。

シーケンシャルアクセスについては、どちらも近い値を示しています。

安価なメモリなりの速度と言えるでしょう。

 

しかしです。

ランダムアクセスについては、如実に違いが出ます。

特に、ランダムアクセスのWriteに関して言えば、シリコンパワーはケアされていません!

Amazonレビューにも、チラホラ記載がありましたが真実のようです。

ただし、シーケンシャルアクセスはそれなりの性能がでていますので大容量のデータのやり取りには使えると考えます。

Transcendシリコンパワー
シーケンシャルアクセス
Read
約150MB/s 前後約123MB/s 前後
シーケンシャルアクセス
Write
約29MB/s 前後約47MB/s 前後
ランダムアクセス
Read
約9.7MB/s 前後約6.0MB/s 前後
ランダムアクセス
Write
約8.6MB/s 前後約0.0MB/s
遅すぎて値がでない?

 

使い方まとめ

転送速度の比較結果から以下のことが言えます。

シーケンシャルアクセスはTranscend、シリコンパワーともにそれなりの速度。

そのため、リカバリーディスク作成用、大容量のデータの一時的な保存、読み出しには問題なく使用できます。

 

ランダムアクセスに関しては注意が必要です。

Transcend USBメモリ
ランダムアクセスのRead/Writeともに安定しています。
普段使いに利用しても耐えられるレベルでしょう。
シリコンパワーUSBメモリ
頻繁に読み書きするような普段使いの用途には向いていません。

 

●結論

安価なUSBメモリ購入にてTranscendとシリコンパワーで迷った場合
→TranscendのUSBメモリを選択

 

まとめ

「安価 32G USBメモリ その2【比較レビュー】」いかがだったでしょうか。

Transcend、シリコンパワーともにAmazonのレビュー数が多い商品です。

しかし、ランダムアクセスに大きな違いがあることがわかりました。

 

ほぼ、同程度の値段でありながら測定結果の違いは大きい・・・。

 

「Transcend」「シリコンパワー」どちらにするか迷った場合、TranscendのUSBメモリを選択することをお勧めします。

ただし、使い方しだいでシリコンパワーでも問題なく使用できます。

格安USBメモリを購入する場合は使用用途を考えて購入しましょう!

 

管理人は、Transcend、シリコンパワーのUSBメモリに以下の評価を与えます。

シリコンパワー、デザインは好みです。

購入したUSBメモリは、リカバリーディスクとして利用します。
※この使い方であれば問題ないですよ!

 

4

 

2.5

 

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額に応じたポイントが付与されます。

最大2.5%!!!(Amazonプライム会員ならさらにお得)

チャージ額(一回分)一般プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
2,0000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

さらに、今なら初回チャージで1000ポイントもらえるキャンペーンも実施中!

\Amazonギフト券 1000ポイントキャンペーン/
Amazonチャージ 初回購入で1000ポイントキャンペーン

 

補足情報
コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
購入は1円単位で可能

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました