Arduinoと戯れてみる!

安価 32G USBメモリ その1【レビュー】

usb-memory-1-00パソコン周辺機器
スポンサーリンク
安価
32G USBメモリ
その1
【レビュー】

こんにちは、最近ちょっと色々ありました。

そのための準備やら何やらでなかなか記事のアップできず・・。

ようやく落ち着いた、管理人のomoroyaです。

その、色々なことでも旬な記事が書けそうなので今度改めてアップする予定です。

 

今回はAmazonで購入した安価なUSBメモリについて。

最近ブログ専用のパソコンが必要になり新調しました。

そのパソコン、Windowsのリカバリメディアを自分で作成する必要があり・・・。

そこで必要なのがUSBメモリ。

手元にUSBメモリがなく、32G程度は必要ということで購入することに。

 

安くていいだろう、ということでAmaoznで検索。

今回はAmazonで購入した安価なUSBメモリについて。

 

今回の購入コンセプトは・・・

  • 安価(1000円以下)
  • 速度こだわりなし
  • 保証期間が長め

 

リカバリメディア用のため頻繁に使いません。

ということで、速度は遅くて良し。

耐久性はほしいので、保証期間を長く設定していること。

 

今回、購入したUSBメモリがこちら。

Transcend USBメモリ 32GB USB 3.1 スライド式 ブラック

 

スポンサーリンク

USBの転送速度

購入コンセプトとしては遅くて良いと言っても転送速度については確認しましょう。

  • USB1.1:12Mbps
  • USB2.0:480Mbps
  • USB3.0:5Gbps
  • USB3.1:10Gbps
  • USB3.2:20Gbps

今回、購入したTranscendのUSBメモリはUSB3.1です。

パソコン側もUSB3.1に対応しているので問題なさそうです。

 

しかし、このbpsという単位、結局どれぐらいなのかわかりずらいですよね。

もっと、わかりやすい単位にしてほしいものです。

 

bpsは1秒間に何ビットのデータを送れるかという単位。

1bpsは1秒間に1ビットのデータを伝送できることを表します。

そのため10Gbpsは1秒間に10Gbitのデータを送ることができる。

10Gbitってどのぐらい?って思いませんか。

記憶容量をあらわすときはバイトで表現していることが多いですよね。

パソコンのハードディスクなど例えば100Gbyteとか・・・。

 

で、byteであらわすといくらかって話です。

1byteは8bit。

そのため、8bps = 1byte/sとなります。

10Gbを8bで割ってあげてGbyte表現をしてあげると・・・。

10Gbps → 約1.16Gbyte/s

となります。

 

要するに、1秒間で約1Gbyteの転送速度ということです。

当然ですが、PC側、USBともにUSB3.1に対応している場合です。

といっても、実際はフラッシュメモリの読み込み速度、書き込み速度によります。

あくまでも、規格上の理論値ですので、購入したUSBメモリが何で遅いんだ~と思わないでください。

それが、購入したUSBメモリの性能です・・・。

 

実際の速度はと言えば、数十Mbyte/s~数百Mbyte/sといったところです。

 

製品概要

下記が購入したTranscendのUSBメモリ。

 

 

スライド式で端子部分が隠れる仕様になっています。

usb-memory-1-00

usb-memory-1-01

 

製品仕様

  • インターフェース : SuperSpeed USB3.1 Gen 1
  • サイズ:63.6mm x 21.2mm x 10.6mm / 重量:4.9g
  • スライド式、筐体内に格納できるのでキャップがいりません
  • 便利なストラップホール付き
  • 保証 : 5年保証

 

保証が5年は耐久性としては良いということかと考えます。

 

以下、補足です。

USBメモリは消耗品です。
データの自然消失などがあり、長期保存には適していませんのでお気を付けください。

 

とはいいつつ、ハードディスクはどうか?というと実は耐用年数が弱くこちらも長期保存には向きません。

まあ、要するに大切なデータは色んなところにバックアップを取っておきましょう!

というのが鉄則です。

自分でバックアップが面倒ならクラウド利用がおすすめ。

パソコンが壊れても、新しく買い替えても、データはクラウドにあるためとても便利です。

だいたい5G程度までなら、google、Amazonなどで無料で使用できます。

 

選んだ理由

冒頭でも記載しましたが・・・

  • 1000円以下
  • 転送速度は気にしない。
  • 保証期間が長いこと

これだけです。

 

商品の良い点

管理人が考える良かったポイント。

  1. 1000円以下で安価。

  2. 保証期間が5年と長い。
    耐久性が担保できると考える点。
  3. スライド式
    スライド式でキャップをなくすことがないのが良い。

 

商品の悪い点

転送速度が普通
書き込みで数十Mbyte程度は出ていそうです。
安価なUSBメモリとしては普通です。

といっても、速度は特に求めていませんし用途としてもリカバリメディア用です。

私にとっては、まったく問題ありません。

 

以下補足です。

こちらの製品Transcendのホームページで確認しても速度の情報がありません。

速度表示に関しては、表示義務がありません。

そのため、ロッド単位での速度の違いもありえます。

それが、口コミやレビューなどで「当たり」、「はずれ」を引いたというコメントにつながる要因ともいえます。

 

まとめ

安価 32G USBメモリ」いかがだったでしょうか。

管理人としては、保証が5年あることから耐久性がそれなりに担保されていると考えます。

使用用途にもよりますが、管理人の使い方としては耐久性が大事です。

値段の割には、良い商品と考えます。

 

管理人は、このUSBメモリに以下の評価を与えます。

4.0

 

同じ程度の値段でAmazonの安価USBメモリの売れ筋であろう2製品を比較したいと考えています。

その製品が下記です。

評価レビューも同じ程度。

購入しだい、レビューしてどちらが良いか決定します。

 

5日間のBig Sale ブラックフライデー・サイバーマンデー

amazon-black-cyber-2020-01

今年も「ブラックフライデー&サイバーマンデー」が開催されます。

さらに、同時開催ということで5日間連続での開催。

プライムデーとは異なり、誰でも参加可能!

  • カスタマーレビューの星の数が4つ以上の人気商品を中心に実施される「特選タイムセール」。
  • 売れ筋商品が登場する「数量限定タイムセール」。

などなど、ポイント還元の購入したいものがある方にはお得な5日間!

Amazon ブラックフライデー

✔ 11/27(金)9:00 ~ 11/29(日)23:59

 Amazon サイバーマンデー

✔ 11/30(月)0:00 ~ 12/1(火)23:59

 

最大1万ポイント還元 ポイントアップキャンペーン

amazon-black-cyber-2020-02

  • プライム会員申し込み済み:2%
  • Amazonショッピングアプリダウンロード済み:1%
  • Amazon Mastercardでのお買い上げ:(2.5% ~ 3.5%)

 

amazon-black-cyber-2020-03

 

ポイントアップを狙いたいならプライム会員」「Amazon Mastercardがお得。

\Amazon Prime 30日間の無料会員を試す/
無料会員登録

\Amazonを頻繁に利用するなら/
Amazonカード申し込み

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額に応じたポイントが付与されます。

最大2.5%!!!(Amazonプライム会員ならさらにお得)

チャージ額(一回分)一般プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
2,0000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

さらに、初回チャージで2000ポイントもらえるキャンペーンも実施中!
※いつもは1000ポイント、今なら2000ポイントです!

\Amazonギフト券 2000ポイントキャンペーン/
Amazonチャージ 初回購入で2000ポイントキャンペーン

 

補足情報
コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
購入は1円単位で可能

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました