Arduinoと戯れてみる!

東伊豆 西伊豆 二日で巡るドライブの旅

sightseeing-izu-00 観光・お出かけ
スポンサーリンク
東伊豆 西伊豆 二日で巡るドライブの旅

都心からのアクセスもよく、多くの観光客が訪れる伊豆。

ふと行ってみようと思い立ち、一泊二日の小旅行を計画。

今回は、東伊豆、西伊豆をドライブしながら巡る観光スポットのご紹介。

 

スポンサーリンク

一泊二日 道程

まずは簡単に一泊二日の道程がこちら。

 

【目的地】

一日目は、東伊豆。

二日目は、西伊豆。

をめぐるドライブコースを計画。

東伊豆から西伊豆へ大移動をもくろむドライブコースです。

 

【1日目のスケジュール】

1.自宅出発。

2.昼食 道の駅「伊東マリンタウン」

3.国立公園城ケ崎

4.大室山

5.ホテルへ(夕食はホテル)

 

【2日目のスケジュール】

1.ホテル出発(朝食はホテル)

2.昼食 「禅風亭なゝ番」 禅寺そば

3.堂ヶ島 遊覧船 然記念物「天窓洞」

4.帰宅

 

【1日目】 観光スポット

天気は晴れ。

 

自宅を出発して海沿いをドライブしながら東伊豆方面へ。

太平洋の海を眺めながら、気持ちの良いドライブ。

天気が良いというのは、観光には必須です。

では、一日目に立ち寄ったスポットのご紹介。

 

道の駅「伊東マリンタウン」

伊豆につく頃には、昼になる予定。

 

まずは、「昼ごはん」をということで立ち寄ったのが道の駅。

「伊東 マリンタウン」

年中無休です!

 

桜エビを食べたいな~と思っていたので立ち寄りました。

立ち寄ったお店は「初代 そうずら庵

そうずら庵 | 伊東マリンタウン
桜えびの香りと食感を味わう!! そば・うどん・桜えびかき揚げ専門店 「そうずら庵」 「そうずら」とは、伊東の方言。標準語では「そうです」の意味。伊東らしさが溢れて親しみやすいお店です。 無添加の関西風ダシからとった「そば・うどん」を当店1番…

 

メニュー

メニュー | 伊東マリンタウン
期間限定メニュー   レギュラーメニュー    …

 

いただいたのは「桜えびのかき揚げ丼セット」。

sightseeing-izu-01

 

かき揚げがサクサクです。

自分で好きなだけかけられる特製のたれもまたおいしい!

食べてよかったと思える一品でした。

 

ボリューム満点です。

量にご注意ください。

 

お腹もいっぱいになったところで次に移動!

 

国立公園城ケ崎

東伊豆の定番スポット。

国立公園城ケ崎へ。

sightseeing-izu-02

 

約9kmでわたる雄大な出入りの激しい溶岩岩石海岸。

sightseeing-izu-03

 

門脇灯台

展望台からは伊豆七島、天城連山を望むことができます。

sightseeing-izu-04

 

 

門脇吊橋

城ケ崎の名所の吊橋。

長さ48m、高さ23mの海の上の吊橋です。

結構高さがあり、高いところが苦手な人には少々怖いかも・・・。

 

撮影スポットからは、パンフレットにのっているような写真を撮ることが可能です。

sightseeing-izu-05

 

駐車場

駐車場は以下がおすすめ。

 

伊東市門脇駐車場

営業時間:24時間

料金:500円

住所:伊東市富戸842-242

 

大室山

つづいての観光スポットは「大室山」。

 

お椀をふせたような形をした曲線のシルエットが心にの残る美しい山です。

標高580m、直径300m、深さ70mのすり鉢状の噴火口をもつ休火山。

国の天然記念物として2010年8月5日に指定されています。

 

大室山の全景がこちら。

sightseeing-izu-06

 

いや、いや、これは大室山の土で作ったお土産です・・・。

大室山の土でできています。

 

持ち帰り大室山。

sightseeing-izu-06a

 

本物はこちら。

sightseeing-izu-07

下記の公式サイトで全景をみることができます。

全景写真を撮ることができれば、すばらしい写真になるのですが・・・。

ドローンが必要ですね・・・。

伊豆高原大室山登山リフトオフィシャルサイト
国指定天然記念物 360度パノラマの風景…

 

 

山頂には遊歩道があり、約1000mほど。

20分~30分ほどの散策が楽しめます。

頂上からは、東伊豆を一望できる360℃の絶景を見渡すことができます。

 

登りのリフト。

sightseeing-izu-08

 

頂上に到着。

sightseeing-izu-09

 

こちらが火口。

なぜかアーチェリーができます・・・。

sightseeing-izu-10

 

sightseeing-izu-11

 

そして、山頂から見る眺めです。

天気が良ければ眺めは最高です!

sightseeing-izu-12

sightseeing-izu-13

sightseeing-izu-14

 

富士山も一望。

雲がなければ、もっと綺麗な富士山が見れらのでは!

sightseeing-izu-15

 

そして、下りのリフト。

sightseeing-izu-16

 

大室山詳細情報 駐車場 リフト料金 など

営業時間:9:00~17:15(左記以外の時期は16:15まで)

駐車場:無料

山頂へのリフト料金:往復のみの販売

大人往復500円
小人往復250円
団体大人往復(20名以上)450円
団体小人(20名以上)220円

 

大室山の山焼き

毎年2月の第2日曜日に行われている山焼き。

700年以上の歴史を持つイベントのようです。

もし時期が合う方は一見の価値ありです。

大室山山焼き 2018

 

【2日目】 観光スポット

二日目は西伊豆に向かって出発。

東伊豆から西伊豆への大移動です!

 

まずは、お昼に修善寺で「そば」を食べる予定で出発。

その後は、遊覧船に乗って観られる天然記念物「天窓洞」へ。

近くには、三四郎島トロンボ現象がみられる箇所も。

しかし、あいにく天気が微妙でした・・・。

 

修善寺で「禅寺そば」をいただく

東伊豆からの大移動のため、昼頃に修善寺に到着。

 

おそばをいただくということで立ち寄ったお店がこちら。

禅風亭なゝ番

いただいたおそばは「禅寺そば」。

1260円也。

sightseeing-izu-17

 

生わさびがついてきて、新鮮なわすびを自分ですりおろして使うことができます。

使わない場合は、袋にいれて持ち帰ることも可能です。

 

まずは、ざるそばをいただきます。

歯ごたえがあり、「うん、おいしい。

そのあとは、うずらの卵が入った「とろろそば」をいただきます。

こちらも、とろろとの相性がよく「おいしい。

最後に蕎麦湯で汁をいただきしめる。

おすすめのお蕎麦屋さんです。

 

禅風亭なゝ番 詳細情報 営業時間 駐車場 など

営業時間:10:00~16:00(定休日 木曜)

駐車場:お店の脇に数台停められる場所があります。

住所:静岡県伊豆市修善寺761-1-3

電話:0558-72-0007

 

堂ヶ島「天空洞」を目指して遊覧船

おいしいものを食べた後は、観光。

ということで訪れたのが「堂ヶ島」。

ここでの目的は遊覧船に乗って、天然記念物の「天窓洞」を見ること。

 

さっそく遊覧船へ。

sightseeing-izu-18

sightseeing-izu-19

 

島の間を抜けて出発です。

sightseeing-izu-20

 

 

遊覧船で天空洞へ

こちらが、目的の天空洞。

「海蝕洞窟」と呼ばれ、波によって岩が削られて形成された洞窟です。

洞窟内の中央に丸く抜け落ちた天窓があり、差し込む光が別名「青の洞窟」と呼ばれる幻想的な空間を作り出しています。

 

sightseeing-izu-22

 

 

詳細を知りたい方は、下記の動画をご視聴ください。

堂ヶ島洞くつめぐり・堂ヶ島マリン

 

堂ヶ島「天空洞」 詳細情報 営業時間 駐車場 など

営業時間 8:15~16:30
※季節により変更あり。堂ヶ島マリン(株)に電話で確認してください。

電話:0558-52-0013

住所:静岡県賀茂郡西伊豆町仁科堂ケ島

駐車場:無料

料金:洞窟巡り(所要時間 約20分)
大人 1200円
子供 600円

他にも、堂ヶ島クルーズ、千貫門クルーズ、ジオサイトクルーズなどがあります。

詳細はホームページで確認ください。

西伊豆・堂ヶ島「洞くつめぐり遊覧船」-伊豆遊覧船、堂ヶ島マリン
西伊豆・堂ヶ島の洞くつめぐり、伊豆遊覧船なら堂ヶ島マリンの「洞くつめぐり遊覧船」。天然記念物の島々へクルージング観光をお楽しみください。…

 

三四郎島トロンボ現象

三四郎島は、沖あい200メートルほどのところにあります。

見る角度によって、島が3つに見えたり、4つに見えることから3四郎島と呼ばれているようです。

 

干潮時には島まで瀬が現れ歩いて渡ることができます。

この現象を「トロンボ」というようです。

 

堂ヶ島の遊覧船乗り場から徒歩10分~20分程度で行くことができます。

近くに駐車場がありますが数台しかとめられません。

歩いていくことをおすすめします。

 

今回は、あいにくの天気でちらっと見るだけで終わってしまいました。

雨が降ってきたのです・・・。

残念。

遠目の写真を1枚。

sightseeing-izu-23

 

天気が良いときに、トロンボ現象が現れると写真のように島に歩いて渡ることができます。

こちらが潮が引く前の写真。

sightseeing-izu-24

 

潮が引いた後の写真。

sightseeing-izu-25

 

トロンボ現象を見るための詳細は「西伊豆町」の観光ページに記載されています。

 

まとめ

食べる!見る!を中心に道程を考えて行ってきました。

 

桜エビを堪能し、修善寺でおそばを食べる。

城ケ崎で海を眺め、大室山で東伊豆を一望する。

堂ヶ島で、遊覧船に乗り「天空洞」で幻想的な空間に浸る。

 

いかがだったでしょうか?

伊豆に遊びに行こうと思った際の参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました