Arduinoと戯れてみる!
\今年最後のビックセール/

今すぐチェック!

寒い夜 繰り返し使える おすすめ 湯たんぽ

rechargeable-hot-water-bottles-00商品・サービス レビュー
スポンサーリンク
寒い夜 繰り返し使える おすすめ 湯たんぽ

こんにちは、管理人のomoroyaです。

最強寒波が来襲の日本。

寒い、寒い、寒い~。

特にふとんが冷たい。

冷たいふとんに入るのがとてもおっくうです。

眠る部屋をあたためておけばとも思うのですが、忘れるしなんとなくもったいないし・・・。

そこで、対策。

今回は、眠るときの冷え対策に湯たんぽを買ってみました。

いや~。

いいです。

とってもいいです。

何と言っても、朝まで温かいのが最高です!

今回紹介するのはこちら。

 

スポンサーリンク

商品概要

カタログによるとアピールポイントは以下です。

電子レンジで温めて、繰り返し使える湯たんぽ!

rechargeable-hot-water-bottles-01

 

レンジでチンするだけで、朝まで快適な温かさをキープ!
”脱気泡装”だから安全!
一定温度が長時間持続!
熱くなりすぎず、安心!

各、アピールポイントについて詳細を確認していきましょう。

 

レンジでチンするだけで、朝まで快適な温かさをキープ!

「湯たロン」は、電子レンジ(600Wの場合)で約4分温めるだけで、手軽に使える便利な湯たんぽです。

繰り返しの使用が可能。

独自の保温技術で一定温度(約42度)の温かさが8時間持続。

おやすみ前に足元に入れておけば、朝までホッカホカ。

体にやさしい自然な温度で、心地よい眠りに誘います。

 

”脱気包装”だから安全!

「湯たロン」は、固形状加熱式湯たんぽで唯一2重袋を採用し、空気の入っていない”脱気包装”を実現。

きわめて安全性の高い構造です。

 

一定温度が長時間持続!

下図は、カタログに記載されているものです。

常温時に個体の「湯たロン」は、電子レンジで温めると液体に変化します。

さらに液体から個体に戻る際に水の73倍も放熱し、従来の湯たんぽのように、朝起きたとき、足元の温度に物足りなさを感じることはありません。

rechargeable-hot-water-bottles-02

 

熱くなりすぎず、安心!

所定時間加熱すると「湯たロン」は、約80%が液体に変化します。

全て液体になるまで加熱しなければ、100℃以上になることはありません。

透明の外袋に入っているので、目で確認しながら加熱できるのも安心です。

「湯たロン」は、熱伝導率にも優れ、加熱時間の短縮化にも成功しています。

 

湯たロン使い方

  1. 「湯たロン」本体を電子レンジの中へ。
  2. 指定時間、加熱してください。
    ※袋は破らないでください。
  3. 取って耳部分を持って電子レンジから取り出します。
    熱くなりますので、火傷に注意です。
  4. 専用カバーに入れて使用。

 

電子レンジの機能によって設定ワット数が異なります。
電子レンジ600W以下700(800W)以下900(1000W)以下
加熱時間約4分約3分30秒約3分

 

使用上の注意

本体は2重袋になっています。
※外袋は破ってはいけません!!

全体の80%~90%が溶けたら加熱完了です。
※絶対に全体が透明になるまで加熱してはいけません!!

などなど、使用上の注意は必ずお読みください!!!

 

値段

昔からある湯たんぽでも数千程度します。

それと比べても、遜色ない値段です。

手軽に繰り返し使えることを考えれば、この商品安いのではないでしょうか。

購入店によりますが、現在2000円以下で入手可能となっています。

 

使った感想

実際に使ってみると、持続感を実感できます。

昔、違うメーカーのものを使っていたことがありますがこの商品の方が長いです。

 

商品の良い点

なんといっても、温かさが長時間持続するということです。

他の良かったと思える点です。

  • 昔ながらの湯たんぽは加熱が大変です。
    こちらの商品は、電子レンジで「チン!」するだけと、とても手軽です。
  • 電気毛布などは電気代がかかります。
    ここちらの商品は電子レンジで「チン!」するだけの電気代で断然お得です。
  • 寝ているときに安全!
    こちらの商品は寝ているときに、火災の原因になるものがありません。
    誰が使っても安全に使うことができます。

 

商品の悪い点

「使いやすく」、「持続時間も長い」と欠点はないとも言えるのですが・・・。

唯一あげるとすれば下記でしょうか。

 

付属の専用カバーがペラペラで肌触りが、少し微妙です。

 

ということで、私は自分で肌触りの良いカバーを調達しました。

 

まとめ

最強寒波襲来の寒い夜。

湯たんぽで、温かくして眠るのはいかがでしょうか?

体の冷えは万病の元とも言います。

私の場合、湯たんぽを使うことで、眠りも深くなり快眠につながっています。

一度利用するとやめられない心地よさを体験できます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました