Arduinoと戯れる!

【レビュー】SONY「WI-XB400」「WI-C310」買ってみたので比較

sony-wixb400-wic310-00ガジェット・便利グッズ
スポンサーリンク
【レビュー】
SONY「WI-XB400」「WI-C310」
買ってみたので比較

こんにちは、音楽にうとい管理人のomoroyaです。

 

音楽にうといといっても、たまに聴きます。

今までは有線のイヤホンを使っていましたが、時代の流れに乗ってBluetoothイヤホンに変更。

この辺のジャンルにはうといため、何が良いのかさっぱりわかりません。

ということで、Bluetoothイヤホンの初心者向けを購入することに。

メーカーもよくわからんのでSONYです。

完全ワイヤレスイヤホンは無くしそうなので却下。

左右一体型のワイヤレスイヤホンから選択します。

 

イヤホンに関しては初心者の管理人。

ノイズキャンセル、ハイレゾ対応などは聴くことにこだわりがでたら検討。

ということでエントリーモデルを中心に探索開始・・・

SONY製で左右一体型のワイヤレスイヤホンの候補は以下。

この3種類見た目はほぼ同じ。

機能などの違いのみで値段が異なるということ。

比較検討するにはちょうど良い。

■「WI-C200」

■「WI-C310」

■「WI-XB400」

 

WI-C200」と「WI-C310」の違いはフラットケーブルかそうでないかだけの違い。

WI-XB400」は重低音を重視した「EXTRA BASS」搭載モデル。

EXTRA BASS」搭載モデルのためC200、C310 に比べお値段少し高め。

 

スポンサーリンク

WI-C200 WI-C310 WI-XB400 特長比較

各製品の特長を比較します。

WI-C200」と「WI-C310」は違いはなく同じ。
※ケーブルが異なります。フラットケーブルかそうでないか。

WI-XB400」は音質が異なる特長となっています。

 型番WI-C200WI-C310WI-XB400
クイック充電10分の充電で60分再生可能
装着感首回りのバランスがいい形状
携帯性マグネット搭載でイヤホンがまとまる
ハンズフリー通話対応
ペアリング8台までの機器とペアリングできるマルチペアリング
音質クリアでパワフルな高音質迫力の重低音
EXTRA BASS

 

WI-C200 WI-C310 WI-XB400 仕様比較

違いを明確にするために3種類のBluetoothイヤホンの仕様を比較。

WI-C200」と「WI-C310」は仕様が同じ。

違いは、ケーブルが「フラット」かどうかだけ。

WI-XB400」との違いは、ドライバーユニットと質量が異なる仕様。

この仕様からドライバーユニットの違いを理解すれば性能差が理解できます。

ヘッドホン部
 型番WI-C200WI-C310WI-XB400
型式密閉ダイナミック型
ドライバーユニット9mm12mm
マグネットネオジム
質量約19g約21g
ヘッドホン部(その他)
 型番WI-C200WI-C310WI-XB400
電源DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
充電時間約3時間
充電方法USB type-C
電池持続時間
(連続音声再生時間)
最大15時間
電池持続時間(待受時間)最大200時間
Bluetooth
 型番WI-C200WI-C310WI-XB400
通信方式Bluetooth標準規格 Version 5.0
出力Bluetooth標準規格 Power Class 2
最大通信距離見通し距離 約10m
使用周波数帯域2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
変調方式FHSS
対応BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC, AAC
伝送帯域(A2DP)20Hz – 20,000Hz (44.1kHzサンプリング時)

 

ドライバーユニット とは

仕様比較でわかったことはドライバーユニットが違うということ。

ドライバユニットの違いがわかれば、性能差を理解できます。

調べてみましょう。

ドライバーユニット
ヘッドフォンの音を鳴らす機構

 

ドライバーユニットの駆動方式は主に3つ。

  • ダイナミック型
  • バランスドアーマチュア型
  • コンデンサー型

 

WI-C200」「WI-C310」「WI-XB400」はダイナミック型の駆動方式

ダイナミック型は、ヘッドホンのもっとも一般的な駆動方式。

信号をダイアフラム(振動版)に伝えることで音を作る方式となります。

そのため、ダイアフラムが大きくなればなるほど音質を向上させることができる。

また、パワフルな低音再生が可能。

 

上記から、下記仕様の違いを理解することができます。

ヘッドホン部
 型番WI-C200WI-C310WI-XB400
型式密閉ダイナミック型
ドライバーユニット9mm12mm

 

音質:「WI-C200」「WI-C310」 < 「WI-XB400
低音:「WI-C200」「WI-C310」 < 「WI-XB400

 

WI-XB400」はExtra Bass対応の重低音モデル

WI-C200」「WI-C310」よりもドライバーユニットを9mm→12mmと大口径化したモデル。

「WI-XB400」はドライバーユニットが大口径
音質、低音域をよりよくした「WI-C200」「WI-C310」の上位モデルの位置づけということがわかります。

 

この音の違いがわかれば、「WI-XB400」を購入する価値はあるということに!

違いを確かめるには・・・

両方買うしかない・・・

ん~

はい、買ってみました。

 

「WI-C310」「WI-XB400」 比較のため両方購入

こちらが購入した商品。

WI-C200」「WI-C310」はフラットケーブルの「WI-C310」を購入。

管理人、絡まりにくいフラットケーブルが好きです!

sony-wixb400-wic310-00

 

中身。

上が「WI-C310」、下が「WI-XB400」。

中央にあるのは取扱説明書。

■全体

sony-wixb400-wic310-01

sony-wixb400-wic310-02

 

■コントローラ部分

ここは同じ作りですね。

sony-wixb400-wic310-03

sony-wixb400-wic310-04

 

■反対側のバランス調整用

ここも作りは同じ。

sony-wixb400-wic310-05

sony-wixb400-wic310-06

 

■イヤホン部分

上の「WI-C310」よりも下の「WI-XB400」の方がマグネット部分が平らになっていてくっつけやすい印象。

ドライバーユニットの大きさの違いがここに現れていますね。

ヘッドホン部
 型番WI-C310WI-XB400
型式密閉ダイナミック型
ドライバーユニット9mm12mm

 

sony-wixb400-wic310-07

sony-wixb400-wic310-08

 

向きを変えてもう一枚。

sony-wixb400-wic310-09

sony-wixb400-wic310-10

 

違いはドライバーユニットがあるイヤホン部分のみ。

あとは管理人に音の違いがわかるかどうか?

 

「WI-C310」「WI-XB400」 音 比較

はい、さっそく聴いてみました。

音楽にうとい管理人。

音の違いが判る立派な耳をもっているでしょうか・・・。

 

■音質

お、違いがわかります。

説明が難しいですが、「WI-XB400」の方が明らかに音質がいい。

好みかもしれませんが、音の1つ1つがしっかりしているといった感じ。

 

■低音

WI-XB400」は、さすがにEXTRA BASSモデル。

音楽にうとい管理人でも低音域の違いがわかります。

ドラムの音を聞いてみましたが違いが良く分かります。

 

好みはあると思いますが値段の違いが音質と低音にある。

WI-XB400」の方が質量を感じる力強い低音域があり、管理人が買うなら「WI-XB400」だなという感じ。

って、両方買ってるんですが・・・

 

音楽にうとい管理人でも違いがわかります。

ドライバーユニットの大きさが違う。
値段の違いとして納得のできる違いです。

 

まとめ

音楽にうとい管理人。

SONYのエントリーモデルを中心にBluetoothワイヤレスイヤホンを購入しました。

WI-C310」「WI-XB400」は初心者にはお手頃で、音質も良く高コスパなモデルだと考えます。

 

Bluetoothワイヤレスイヤホンは初めて!

低音はそこまで気にしない、初めてなのでお試しで。

できるかぎり安くという方は「WI-C310」を購入。
※絡まりにくいフラットケーブルをおすすめします。

 

Bluetoothワイヤレスイヤホンは初めてだけど・・・

できれば、少しでも音質の良いものを選びたい。

でも、そこまで高価なものはまだ・・・というかた。

WI-XB400」を購入。

WI-XB400」はEXTRA BASS対応の重低音モデルということで、力強い低音域の音質です。

WI-C310」「WI-XB400」の違いは管理人でもわかりました。

値段を気にせず、どちらかを選べと言われれば、「WI-XB400」を購入します。

って、両方買っちゃってますけども・・・。

 

調べて比較してみると、イヤホンって奥が深いんですね・・・

値段の違いが、きちんと音質に表現されている。

こだわる人が、なぜこだわるのか少しだけわかった気がする管理人でした。

 

Amazonでお得に買う方法

Amazonでお得に購入するなら、Amazonギフト券がおすすめです。

現金でチャージするたびに、チャージ額に応じたポイントが付与されます。

最大2.5%!!!(Amazonプライム会員ならさらにお得)

チャージ額(一回分)一般プライム会員
5,000円~19,999円0.5%1.0%
2,0000円~39,999円1.0%1.5%
40,000円~89,999円1.5%2.0%
90,000円~2.0%2.5%

さらに、初回チャージで2000ポイントもらえるキャンペーンも実施中!
※いつもは1000ポイント、今なら2000ポイントです!

\Amazonギフト券 2000ポイントキャンペーン/
Amazonチャージ 初回購入で2000ポイントキャンペーン

 

補足情報
コンビニ・ATM・ネットバンクが対象
購入は1円単位で可能

 

ポイントアップを狙いたいならプライム会員」「Amazon Mastercardがお得。

\Amazon Prime 30日間の無料会員を試す/
無料会員登録

\Amazonを頻繁に利用するなら/
Amazonカード申し込み

コメント

タイトルとURLをコピーしました