Arduinoと戯れてみる!

長期保存可能 大阿蘇 牛乳 感想

milk商品・サービス レビュー
スポンサーリンク
長期保存可能 大阿蘇 牛乳 感想

我が家では、牛乳を大量に消費します。

理由は牛乳が好きだから。

そのまま飲むこともあれば、コーヒーに入れたり、料理に使ったりといろんな場面で使います。

そんな牛乳ですが、我が家では長期保存可能な大阿蘇牛乳を買っています。

本日は、長期保存できて便利な大阿蘇牛乳についての紹介と感想です。

 

 

スポンサーリンク

大阿蘇牛乳にしたきっかけ

きっかけは2011年の東日本大震災。

震災後、非常食や飲料水は必ず自宅に備蓄(ストック)するようになりました。

ですが生鮮品である乳製品の備蓄(ストック)が課題でした。

安心で安全な牛乳はないものかと色々と調べてたのです。

その時、たどりついたのが、ロングライフ牛乳である大阿蘇牛乳です。

かれこれ7年ほど飲み続けています。

 

大阿蘇牛乳の特徴

  • 熊本県産生乳100%
  • 成分無調整
  • ロングライフ牛乳とよばれる「常温保存可能品」
  • 賞味期限:製造日を含み90日(※未開封)
    ※届く品物は、賞味期限まで60日以上のものでした。
  • 140℃・3秒で滅菌されており、殺菌後は無菌
    ※参考:要冷蔵タイプの牛乳は130℃・2秒で殺菌
  • 紙容器にアルミ箔を貼り合わせ、光と空気を遮断

中味の牛乳はもちろん無菌ですが、容器も殺菌し無菌の環境下で充填、密封。

上記以外にも、生乳の細菌数、容器の破壊強度など、常温で保存できるように

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」(乳等省令)により、厳しい基準が定められています。

 

注意点
一度開封した場合は、10℃以下で保存し、賞味期限に関わらず早めにお飲むということ。

 

サイズ(容量)

1000mℓ
牛乳をゴクゴク遠慮なく飲みたい方。
家族みんなで牛乳を飲むという方にオススメなサイズ
250mℓ
牛乳をたっぷり飲みたいけど、1000mℓパックはいらない・・・。
ストローをさして、そのまま飲めるパックです。
200mℓ
一人ぐらしの朝食のお供に。
家から持参して昼食時に。
飲みたい時にさっと飲める、持ち運びに便利な飲み切りサイズ。

 

製品情報

成分

  • 無脂乳固形分:8.4%以上
  • 乳脂肪分:3.6%以上
  • 原材料名 生乳100%

栄養成分(100mℓ当たり)

  • エネルギ-(kcal) 69
  • たんぱく質(g) 3.4
  • 脂質(g) 3.9
  • 炭水化物(g) 5.0
  • ナトリウム(mg) 42
  • カルシウム(mg) 114

 

私の感想

飲み始めてから7年たっていますが他の牛乳に変えようと思ったことがありません。

なぜかというと、濃いというよりも、甘いけどさっぱりしているからです。

毎日飲んでも飽きない味なんです。

さっぱりしているのでシリアルにもあいます。

それが長期保存ができていつでも飲める。

未開封で常温保存できるので、

「冷蔵庫に保存しておく必要がない」

これがとっても便利です。

ただ一つ欠点があるとすれば、注ぎ口をハサミで切るタイプなので口が開きっぱなしになり牛乳がこぼれることがあるというぐらいでしょうか。

 

おすすめの買い方

大阿蘇牛乳ですが、あまり店頭では見かけないように感じます。

あることもあるおですが・・・。

そんなこともあって、ネットで購入するのが便利です。

本数を買おうと思うと重いですし、定期的に購入しストックしておくことを考えるとネット購入一択と考えます。

家族で飲む場合のおすすめの買い方

我が家は、1000mℓ×6本入り2箱を定期的に購入しています。

6本なくなったら次を注文するという感じで常にストックがある状態にしています。

これなら、震災など不測の事態があってもしばらくは大丈夫!

家族で買う場合のおすすめの買い方です。

 

一人暮らしの場合のおすすめの買い方

一人ぐらしの場合は200mℓ×24本がおすすめです。

飲みきりサイズで持ち運びにも便利です。

朝食時に一本という飲み方ができます。

単身赴任で一人暮らししているかたにもおすすめです。

また、会社や学校へ持っていくことも可能です。

ちょっと多めに飲みたい方は250mℓ×24本入りも選択の1つです。

 

まとめ

長期保存ができて、すっきり飲みやすい大阿蘇牛乳いかがだったでしょうか。

長期保存が可能なため、もしものための備蓄(ストック)としても活用できます。

「あれ、牛乳が切れていて飲めない」ということがないように

長期保存が可能な大阿蘇牛乳を毎日ゴクゴク飲んでみませんか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました