本棚の棚を2段に!死蔵を防ぐ!

DIY
スポンサーリンク
【DIY】本棚の棚を2段に!
  手軽に収納2倍で背表紙も見えて死蔵を防ぐ

 

家の中をDIYするシリーズ

モットーは、
こうだったらいいのに!
これ自分で直せないかな?
を、お金をなるべくかけずに実現すること。

スポンサーリンク

はじめに

今回は

本棚の棚の2段化について紹介します。

我が家の子供部屋に本棚を買ったわけですが、

コミックサイズの本を買った場合にいつも思うことがあります。

それは、本を入れている棚の前と上にスペースが空いてしまうこと。

このスペースなんとか使えないかな?もっと本収納できないかな?

といつも思うわけです。

 

よく、家具屋さんに行くと棚の中が前と後ろに別れ、

後段が少し高くなっているものがあります。(※背表紙が見えるようにするため)

それを自分でやってしまおうというのが今回紹介する内容です。

 

用意するもの

(1)ティッシュの空箱(高さがちょうどいいんです!!)

薄型の方が、重ねて調節できるので良いかも。

(2)古新聞(いらない紙など、なんでもよいです)

空箱につめられるものならなんでよいです。

この二つのみでOK

 

作り方

ティッシュの空箱に古新聞を詰めるだけ詰める。

たったこれだけです。

見た目が気になる方は、空箱に色紙を貼るなどしてもよいかと思います。

 

完成写真

本棚に空箱を置いた状態

 

本を置いた状態(画像では隠していますが、後ろの本の見出しが見えます!)

 

まとめ

いかがでしょうか、ティッシュの空箱一つで

収納力2倍

さらに背表紙も見える(死蔵を防ぐ!)

探すために手前の本をわざわざ出す必要もありません。

 

ぜひ、自宅の本棚でお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました